わきが 度合い 対策

多岐にわたるわきが度合いによる対策とは

結論から述べれば、わきがは遺伝の要素がほとんどであると言わざるを得ません。
何故なら、統計上両親の片方がわきがであれば約50%程度両親共にわきがである場合は約80%程度の高確率で遺伝してしまうからです。

 

勿論、食生活等の生活習慣を起因としてわきがを発症する事もあります。
しかし、遺伝には抗えないというのが実のところであり、生活習慣などはあくまで付加的要素でしかないのが現実なのです。

 

このように述べると、「じゃあ両親がわきがな私はもう・・・」と諦めてしまうかもしれません。ですが安心して下さい。この現代、わきがの対処法などは非常に多岐に渡り、「改善の為の選択肢」が多く設けられています。

 

まず、腋下を常に清潔にしていますか?体毛を除去したり、清拭したり、基本的な対処法を行うのは「前提」です。
もしあなたのワキガが軽度で、常時臭気を発している訳でなく「多量の汗をかいた」等の特定の場面のみ現れるものであれば、基本的な対処法を行えば概ね臭気は収まります。

 

ですが、中度となると基本的な対処法では臭気を抑えきれなくなります。
その場合、ボツリヌス菌を無害化したボトックスを腋下に注射する事で発汗を抑え、結果的にワキガの臭気を抑える事が出来ます。制汗系のスプレー等を併用すれば、より効果は上がるでしょう。

 

問題は重度のワキガです。常時臭気を発し、それが強烈と言える程のものである場合は、ボトックス注射でも対応しきれないところがあります。
よって、外科的な処置によりワキガの原因であるアポクリン腺を取り除かなければなりません。

 

外科的な処置とは要は「手術」な訳ですが、手術と聞くと不安になる方も多いでしょう。
しかし、アポクリン腺の除去手術自体はそれほど難しいものでなく、多くは即日退院出来るので安心して医師に思いを打ち明けましょう。

 

このように、わきが対処法には様々なものがあります。今の自分の状態を確認しておき、適切処置を選んでみましょう。遺伝でも諦める必要はないのです。