わきが 改善

わきが対策で臭いを抑える改善方法

わきが女子

わきがは脇から発生する独特の臭いがあり、これは外部の人間からすると強烈な悪臭となって感じる事もありますし、人間関係等に影響を及ぼすようなものです。

 

これは体質であり、わきが体質の方はアポクリン汗腺から出る汗が原因であり、汗自体に臭いがあるのではなく、この汗が細菌と結びつけば悪臭となり周りに影響を与えます。
日本人だと10数名に1人という割合でワキガ体質があるといわれています。

 

通常の汗はエクリン汗腺から発生し、ここから出る汗はワキガとは違っており、大量発汗する時は多汗症等の症状があります。

 

アポクリン汗腺からの汗の特徴としては粘り気があって、脇毛等と絡むと粒状の汗になり、白いシャツ等着ていると脇部分が黄ばみを見せる事もあります。

 

アポクリン汗腺は脇下や陰部等の特定部分に存在しており、デオドラント商品等を使う事で発汗や臭いを抑える事が可能ですし、小まめに汗を拭きとったり、清潔な衣類に着替える等の対策が必要であり、そうした対策を行う事で臭いを抑える事が出来ます。

 

食生活を整える事でも臭いを抑える事が可能であり、油モノを多く摂取していると体臭がきつくなりますし、ワキガ体質の方は食生活が乱れると相乗効果で強烈な臭いのワキガ臭を放つ事になります。

 

食事や普段のケアで改善しない場合には、手術を行ってワキガを治すという選択肢もあり、手術自体は日帰りで出来るようなものです。

 

アポクリン汗腺をレーザーで倒す事でワキガ原因の汗を防ぐという方法であり、上手くいくとワキガ体質の方から臭いを消す事が出来ますし、選択肢の一つとして考慮するのも良いでしょう。

 

また最近では、わきが対策に効果的なデオドラントクリームなども販売されています。
手術のような高額でリスクある方法ではないので、ワキガに悩む多くの人から支持されています。塗るだけで簡単なので、わきが対策クリームはとてもおすすめできるわきが対策といえるでしょう。

 

いずれにしても清潔にする事で臭いを緩和出来ますし、汗を拭いたり衣類を変えるという事は徹底して、出来るだけ臭い原因を無くして生活すると良いです。

 

ワキガは本人が気がつく事が難しいものであり、周りから指摘されて初めて気がつくという事も多いですが、親しい友人等に相談して臭いをチェックしてもらうのもチェック方法であり、対策を打つ事に繋がります。

 

 

 

ワキガは自分では気がついていない人もいますが、耳垢が湿ったタイプの人はワキガ体質です。
耳垢の湿り気が強ければ強いほどワキガの臭いも強くなります。

 

ワキガの人には耳の穴の中や脇の下にアポクリン汗腺という特殊な汗腺があります。
アポクリン汗腺からは通常の汗が出るエクリン汗腺とは違い、アンモニアや鉄分など様々な成分が含まれている乳白色の汗が出てきます。

 

エクリン汗腺から出る汗も雑菌が発生すると嫌な臭いを発生させますが、アポクリン汗腺から出る汗は栄養分が多いのでより多くの雑菌が繁殖します。
その為独特のワキガ臭が発生することになるのです。

 

特に暑い時期にはエクリン汗腺から出た汗とア、ポクリン汗腺から出る汗が混ざり合って、より雑菌が繁殖しやすくなります。その為暑い時期の方が臭いが強くなるのです。

 

ワキガの臭いを抑える方法の1つとしてエクリン汗腺から出る汗を拭くようにすることがあげられます。エクリン汗腺から出る汗を減らすだけでも雑菌の繁殖を抑えられるからです。

 

エクリン汗腺から汗が分泌するのを抑える方法としてはボトックス注射もあります。
ボトックス注射は神経伝達をブロックする働きがあるので、暑くても汗がでなくなります。

 

一度打つと効果が半年程度続くので、夏前に注射を打っておくと夏の間臭いの事を気にせずにすみます。
もう1つの方法は脇の下を殺菌することです。雑菌が繁殖しなければ臭いも発生しません。

 

殺菌効果のある制汗剤を使ったり、ミョウバン水等を利用すると良いでしょう。
殺菌効果の高い石鹸なども売られています。

 

このような対策を取っても効果がない強いワキガ体質の人は、汗腺そのものを除去する手術を受けると大変効果があります。

 

脇の下を切開して汗腺を1つ1つ除去する方法や、管を差し込んで汗腺を吸いだしてしまう方法などがあり大変効果があります。
手術をするのが嫌な場合にはマイクロウェーブ波を脇下に照射するだけで汗腺を破壊する方法もあります。

 

 

 

今年も遂に7月に入り、夏がいよいよ迫ってきました感じです。

 

そんな夏で薄着になる季節ですが、いろいろと隠していたものが見えて困ってしまうなんて季節でもあります。夏は、脇の臭いやワキガが気になると思いますが、今回はそれ以外の問題の1つである、脇の黒ずみ対策について解説します。

 

先ずは黒ずみの原因を調査しました。
黒ずみの原因は、ずばり「メラニン色素」です。

 

このメラニン色素は肌を有害なものから守るために発生するそうです。
一番わかりやすいのは日焼けで肌が黒くなるのもこのメラニン色素の働きなのです。

 

毛抜きなどで肌がダメージを受けると物理的刺激を受けてメラニン色素が活性化してしまいます。脇の皮膚は他の部位の皮膚よりも繊細なのでダメージはより深刻に捕らえられてしまいます。

 

黒ずみの原因はこのほかにも肌の乾燥によるダメージや摩擦刺激によるダメージなども考えられます。これは間違った方法での剃刀の運用や身体を洗う際の力加減などが挙げられます。

 

以上のことを踏まえたうえで対策をとって行きましょう。
先ずは原因を突き止めることが重要です。

 

例えば無駄毛処理でも、脇の毛を剃る場合は湯船に浸かって温まり毛をやわらかくして、石鹸を用いて脇を清潔にして水分をふき取り、脱毛クリームやボディクリームをきちんと使用し、脱毛後も保湿をしっかりとすることが重要です。

 

そしてもう既に黒ずんでいるよという方は、時間や手間はかかりますがあきらめてはいけません。先ずは美白効果のあるサプリメントや色素定着に効果的な成分があるサプリメントを飲みましょう。

 

そして黒ずみの原因を突き止めて、原因を排除してください。
最初は効果が感じられないかもしれません。しかし継続は力です。
今年の夏はもしかしたら間に合わないかもしれませんが、絶対に無駄にはなりません。

 

手術での治療方法もあるといえばありますが、あちらは失敗する可能性もありますし、何よりコストがかかります。
結論は地道にコツコツとやっていけばきっと黒ずみ対策は可能なのです。

 

 

結論から述べれば、わきがは遺伝の要素がほとんどであると言わざるを得ません。
何故なら、統計上両親の片方がわきがであれば約50%程度両親共にわきがである場合は約80%程度の高確率で遺伝してしまうからです。

 

勿論、食生活等の生活習慣を起因としてわきがを発症する事もあります。
しかし、遺伝には抗えないというのが実のところであり、生活習慣などはあくまで付加的要素でしかないのが現実なのです。

 

このように述べると、「じゃあ両親がわきがな私はもう・・・」と諦めてしまうかもしれません。ですが安心して下さい。この現代、わきがの対処法などは非常に多岐に渡り、「改善の為の選択肢」が多く設けられています。

 

まず、腋下を常に清潔にしていますか?体毛を除去したり、清拭したり、基本的な対処法を行うのは「前提」です。
もしあなたのワキガが軽度で、常時臭気を発している訳でなく「多量の汗をかいた」等の特定の場面のみ現れるものであれば、基本的な対処法を行えば概ね臭気は収まります。

 

ですが、中度となると基本的な対処法では臭気を抑えきれなくなります。
その場合、ボツリヌス菌を無害化したボトックスを腋下に注射する事で発汗を抑え、結果的にワキガの臭気を抑える事が出来ます。制汗系のスプレー等を併用すれば、より効果は上がるでしょう。

 

問題は重度のワキガです。常時臭気を発し、それが強烈と言える程のものである場合は、ボトックス注射でも対応しきれないところがあります。
よって、外科的な処置によりワキガの原因であるアポクリン腺を取り除かなければなりません。

 

外科的な処置とは要は「手術」な訳ですが、手術と聞くと不安になる方も多いでしょう。
しかし、アポクリン腺の除去手術自体はそれほど難しいものでなく、多くは即日退院出来るので安心して医師に思いを打ち明けましょう。

 

このように、わきが対処法には様々なものがあります。今の自分の状態を確認しておき、適切処置を選んでみましょう。遺伝でも諦める必要はないのです。

 

わきがは昔より存在し、外国の方には多くいらっしゃいます。
外国では臭いにそこまで敏感ではないこともあり対処法を取っている方は多くありません。
食生活においても肉中心の生活がほとんどのため、今後も改善することはないかと思われます。

 

では臭いに敏感な日本人はどうやって対処法をしていくかということですが、対処法には様々あります。
日々のボディケアや手術、食生活といった対処法があり人によって効果はまちまちです。
特に手術においては高額料金の為、悩まれる方も多いのではないかと思います。

 

まずは日常生活で改善できることを考えて行きましょう。

 

日常生活で改善して簡単わきが対処法

 

日常生活においての改善でいえば食事です。毎日行うことなので特に重要かと思います。
現在の食生活はどうでしょうか?肉ばかり食べてはいませんか?

 

今後は野菜中心に変更し、臭いのキツイものは食べないようにしましょう。
特に納豆やニンニク、ニラなどが値します。この食生活を変えるだけでも体の臭いに変化が現れてきます。

 

それと同時に日々のボディケアも行って行きましょう。
ここではお勧めの商品を紹介したいと思います。

 

現在ドラックストアやスーパーなどでも購入でき、かつ汗の臭いによく効く商品です。
それはマンダムのギャッツビーデオドラントロールオンです。
朝出かける前に1回塗れば1日中汗の臭いはしません。わきがの方でも臭いがひどくない方であれば効果は抜群です。

 

臭いのキツイ方に関してはこれと併用でボディシートを日中使用して行きましょう。
わきは常に汗をかく部分であり雑菌が多く潜んでいますので常に清潔な状態を保つことが重要です。

 

この2アイテムを併用していくことで臭いを元からごっそり取って行きましょう。少なくともやらないよりは効果は絶対あります。

 

臭いに対してのここまで敏感になってくると誰でも気になるものです。
日々のケアを入念に行っていけば臭いは改善されますので頑張って対策をうっていき、今年の夏は快適に楽しく過ごしましょう。